マラソン大会直前にするべきこと!!

こんにちは!

 

しみずばし鍼灸整骨院の菅野です 😀 

明けましておめでとうございます

 

今年もよろしくお願いします!!

 

皆さんは、お正月をどのように過ごされましたか??

 

僕は、年末からずっとお酒を飲む機会が多く、

 

飲んで食べてのお正月でした。

 

さて、今月の8日に港南区マラソンがありますね。

 

しみずばしのスタッフと一緒に今回も参加させていただきます!!

 

そこで、今回はマラソン前にしておくことをご紹介させていただきます。

 

マラソン前にするべきこと!!

1. 炭水化物をしっかり摂る

競技中にスタミナ切れで、良い結果を出せなかったら、

 

悔しいですよね。

 

しかし、「体内でエネルギーを貯める=脂肪をつける」では

 

体重が増えてしまい、本末転倒です。

 

脂肪以外の方法で体内に短期間エネルギーを貯める方法として、

 

カーボ・ローディングというものがあります。

 

炭水化物=糖質はグリコーゲンという、すぐにエネルギーとして

 

使用可能な状態で一時的に体に貯めることができます。

 

体内のグリコーゲンの量を大会当日までにより多く貯める方法が、

 

カーボ・ローディングです。

 

具体的な方法としては、大会の1週間前から

 

食事の内容を徐々に炭水化物中心に切り替えていき、

 

大会前日までに、食事のカロリーの65~70%を炭水化物で

 

摂るくらいまで調整していきます。

 

カーボ・ローディングでは炭水化物の中でもすぐに消費されてしまう

 

フルーツや精製された砂糖などに含まれる糖質ではなく、

 

ゆっくり消化される麺類や穀類を使います。

 

 

この方法はプロの持久系スポーツのアスリートも実践しています。

 

糖質(エネルギー)を貯め込んで、

 

高いパフォーマンスを発揮しましょう!!

 

※食べる量は普段通りでいっぱい食べるというこではないので注意!!

 

2. 普段口にしないものを食べない

消化器が弱っている状態で激しい運動を行うと、

 

パフォーマンスの低下だけではなく、体調不良の原因になります。

 

大会前は胃腸の負担にならない食品を摂るようにしましょう。

 

☆マラソン前にNGな食べ物☆

 

・ 高繊維食(玄米、野菜、フルーツ(バナナ除く)など)

これらをレース前に取ると、

下痢や胃腸障害を引き起こしやすくなるので気をつけましょう!!

 

・ 高脂肪食(揚げ物、チーズ、ハンバーガー、ベーコンなど)

消化が非常に遅いため要注意!!

 

3. 水分をこまめに取る

 

マラソン大会の2,3日前から、

 

毎日、少しずつ1~1.5リットル程度の水を飲み、

 

常に体内に水分を満たしておきましょう!!

 

運動中に排出される汗にはミネラルが含まれてるため、

 

ミネラルウォーターがおすすめです。

 

4. しっかり休む

 

レース直前は、出来る限り足に疲労を溜めないように

 

しっかり、休みましょう!!

 

1週間前から練習量を減らして、3日前からはさらに減らして

 

万全な体調で臨みましょう!!

 

また、自分自身で疲労を感じていなくても

 

筋疲労骨格の歪みがあったりするので、

 

大会の前日や前々日などに当院でアスリート治療歪み改善などを

 

行うこともオススメです!!

 

5. 足の爪をケアする。

 

足の爪が伸びていると、内出血の原因になります。

 

他にも、自分に合ったシューズ選びケガしないようにレースに

 

挑みましょう!!!

 

 

他にも、日常的なストレッチ、体のメンテナンスしていこくとも

 

すごく大切です。

 

身体の悩み、パフォーマンスが上がらないなど、

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

ページを閉じる

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

お問い合わせ

最先端トップアスリートケア
2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最先端トップアスリートケア

ページトップへ戻る