寒くなると…起こるかも!!

こんにちは。しみずばし鍼灸整骨院の杉山です。

 

本格的に寒くなってきましたね(>_<)

 

空気も乾燥してきて…

 

風邪ひかないように

 

手洗いうがいをしっかりしていきましょう(^O^)

 

寒くなると…

 

気温が下がり寒くなると

 

どうしてもケガが増えていきます。

 

しかも、筋肉系のケガが増えます

 

理由としては…

 

寒さによりウォーミングアップが

 

通常の時間より短くなってしまうこと!!

 

筋肉の柔軟性が無いまま

 

運動を開始してしまうと

 

筋肉を傷めてしまうことになります。

 

 

”走る”などの動作で

 

筋肉が収縮しようとしている時に

 

急激に筋肉に伸ばす力が加わると

 

その力により筋線維が損傷します。

 

これがいわゆる  肉離れ ” です。

 

肉離れとは…

 

肉離れの症状は

 

患部(傷めた部位)に圧痛(押したら出る痛み)があり

 

歩くのも困難になります。

 

軽度であれば痛みは3~4日で治まります。

 

しかし重度だと患部を触ると

 

陥凹(かんおう:筋肉が断裂している部分)しているのがわかります。

 

痛みが治まるのにも時間がかかります。

 

 

どんな時に?どこに起こるの?

 

肉離れが起こりやすい部位は

 

大腿部(太もも)ハムストリング(裏もも)、

 

ふくらはぎなどに起こります。

 

・ 陸上の短距離でスタートダッシュ時

 

ハムストリングを痛めることがあります。

 

 

・ バスケットボールで急な方向転換をしようと

 

踏み込んだ時ふくらはぎを痛めることがあります。

 

 

・ サッカーでボールを蹴ろうとした時

 

大腿部(足の付け根辺り)を痛めることもあります。

 

 

・ 強すぎるストレッチによって起こることもあります。

 

 

上記にあげたのは、一例にすぎません。

 

スポーツ時の受傷が大部分となるケガですね。

 

 

対処法は…

 

肉離れの応急処置としては

 

前回、”捻挫”の時、同様に

 

 RICE処置 を行って下さい。

 

まず、運動を中止して(R)、患部を冷やします(I)。

 

患部を圧迫し(C)、腫れないように挙上(E)します。

 

痛みが引くまで運動は中止して安静にします。

 

48時間くらいはRICE処置を続けます。

 

無理に運動を続けてしまうと

 

患部の悪化が進んでしまい

 

復帰までの時間が長引きます。

 

 

当院では…

 

当院では肉離れの治療として

 

インディバ治療鍼治療を施していき、

 

筋肉の修復能力を高めていきます。

 

 

受傷してすぐに筋肉を解すことはしません。

 

痛みや腫れ、炎症が治まってくると

 

患部には” 硬結 ”というシコリができます。

 

この硬結が残っていると、再発してしまうことが

 

あるので、O2オイル鍼治療で硬結を除去していきます。

 

 

 

必要に応じてテーピングや固定を施していきます。

 

リハビリの期間を無理に短くしてしまうと

 

これもまた再発に繋がります。

 

リハビリ期間が重要になってくるケガなので

 

「たかが肉離れ!」と思わず

 

しっかり治療することを心がけてください。

 

 

 

一番はケガをしないように

 

運動前のストレッチにしっかり時間を使ってください。

 

よく身体を温めて、筋肉を柔らかくしてから

 

運動を行って下さいね!(^^)!

 

 

 

 

 

 

ページを閉じる

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お問い合わせ

最先端トップアスリートケア
2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最先端トップアスリートケア

ページトップへ戻る