高齢者骨折

こんにちは。しみずばしの杉山です。

夏も終わり、セミの鳴き声もだいぶ減ってきました。

気温もだいぶ涼しくなってきましたが、雨が多くて鬱陶しい日が続きますね。

さて、今回は高齢者に多くみられる骨折をご紹介したいと思います。

 

高齢者骨折の特徴!!

通常、65歳を過ぎると ”骨粗鬆症” による変化が著しくみられ

骨自体が弱くなっていきます。

神経系や筋肉の変性も加わり、バランス感覚なども低下して

素早い反応ができなくなり、転倒することも多くなってきます。

これらのことが高齢者骨折を起こす一因となっています。

 

どんな骨折があるのか?

高齢者骨折でよく起こる骨折の種類は…

① 上腕部(肩付近)に起こる ”上腕骨外科頸骨折”(じょうわんこつげかけいこっせつ)

② 前腕部(手首付近)に起こる ”橈骨遠位端部骨折”(とうこつえんいたんぶこっせつ)

   この骨折は ”コーレス骨折” とも呼ばれています。

③ 股関節部の ”大腿骨頸部骨折”(だいたいこつけいぶこっせつ)

④ 背骨で起こる ”胸腰椎圧迫骨折”(きょうようついあっぱくこっせつ)

           …このような骨折が高齢者によく発生する代表的な骨折になります。

これらの骨折が高齢者になったら必ず起こる訳ではありません。

高齢者じゃない方には起こらないという訳でもありません。

このような骨折が発生するのが、高齢者の方に多いということです。

 

今回はこの骨折の中から ”上腕骨外科頚骨折” を紹介します。

 

上腕骨外科頚骨折

骨折や外傷が起こる時、患部には外力がかかります。

直接患部に外力が加わることを ”直達外力” と言います。

患部に間接的に外力が加わることを ”介達外力” と言います。

 

この骨折は直達外力で発生するのは稀です。

転倒した際に、直接、肩を衝くか、三角筋(肩を動かす筋肉)部を

強打して発生します。

このパターンは直達外力によるものです。

 

この骨折では、介達外力による発生が多く、そのほとんどが

転倒した際に、手掌や肘を衝いて発生します。

toukotu_01

 

症状は肩付近に著明な腫脹がみられ、皮下に出血斑が患側の腕から胸部まで

みられることがあります。

腕を動かすことが困難になります。(機能障害

押すと強い痛みが出ます。(限局性の圧痛

骨折したことにより、骨が転位し、変形がみられます。

humerus_surgical_neck_fracture_img1

 

上腕骨外科頚骨折は骨の転位があるので、整復が必要な骨折です。

症状によっては手術することもあります。

転倒しやすくなる高齢者にみられる代表的な骨折です。

合併症や続発症がありますので

”もしかしたら…” と思ったら、早めに医療機関を受診してくださいね。

 

関連記事

    記事はありませんでした

ページを閉じる

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お問い合わせ

最先端トップアスリートケア
2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最先端トップアスリートケア

ページトップへ戻る