スタッフ紹介

 

 

<学歴>

横浜立野高校卒業 産能大学(経営情報学部)卒業 花田学園 日本柔道整復専門学校卒業

 

<職歴>

上郷接骨院 / 斉藤接骨院 / 柴崎整形外科 / 第三北品川病院(二次救急医療機関)

 

<尊敬する人>

横山孝先生(第三北品川病院整形外科医) 故荻田繁男先生(上郷接骨院院長) 中川貴雄先生(米国公認ドクターオブカイロプラクティック)

 

<趣味>

サッカー、ゴルフなど体を動かすこと(5歳からサッカー漬け)

 

<好きな歌手>

ゆず/ MISIA

 

<家族構成>

妻、娘2人

 

<この仕事の魅力>

  • 多くのお客さんとコミュニケーションをとっていく中で、今まで知らなかった新しい考え方を学ぶことができるだけでなく、お客さんの症状が良くなっていくことを一緒に共感できること。
  • 自分に足りないことを改善していくチャンスが多いということ。
  • スタッフとも喜びを共感しあえること
  • 治療という事だけに終わらないで、横のつながりも広がり、人としての成長ができることが一番です。

そして、この仕事をしていることで、治療技術向上、人間的向上を常に意識し、私の治療や存在でいろいろな方に喜んでもらえることが嬉しいです。

 

<お客様にひと言>

多くの方が「この症状はどこに行けばいいのだろう」「どこに行っても治らない」と悩んでいます。

 

しみずばし鍼灸整骨院はその想いに応えるべく“最後の砦”として、みなさまの悩みを解決し、夢と希望を与えます。

 

スタッフ全員が、温かい気持ちの持ち主なのが自慢です。 お気軽にご相談ください。お待ちしております。

 

 

開業までのストーリー

私は5歳からサッカーをやってくるなかで、骨折や捻挫、打撲、肉離れなど数多くの怪我をしてきました。治療をするところは、きまって近所の上郷接骨院でした。また、その接骨院には、祖母も通院し、膝と腰を治療してもらっていました。

 

一緒に通院していく中で、“僕も祖母の治療をしたい!”と考えるようになり、先生に弟子入りを願い出て、21歳の時、この業界に足を踏み入れました。

地元横浜でスポーツ少年・少女~プロ選手までの怪我の処置&ケアをすることを夢見て、上郷接骨院のほか、斉藤接骨院(東戸塚)、柴崎整形外科(武蔵小杉)、第三北品川病院(品川、救急指定病院)で勉強させていただきました。

 

救急外傷の処置、交通事故治療、手術後の各種リハビリに精通してきました。また、トレーナー活動にも力を入れ、スポーツの現場で怪我の処置などをしてきました。

 

そして、平成19年3月12日に横浜市栄区に開業することができました。

 

開業までは、職場の諸先輩方、同僚、家族、友人など、本当に多くの方に支えていただきました。その方々の想いを無駄にしないよう、お客様に真心こめて治療させていただきます。

しみずばし鍼灸整骨院のスタッフは、この想いに共感してくれ、多くのお客様を診させて頂いています。

 

平成24年10月23日に“しみずばし鍼灸整骨院”を港南区港南台に開院し、平成25年2月1日に“かないわデイサービス 上永谷”を開設しました。平成26年6月1日に“かないわデイサービス芹が谷”を開設しました。

 

4つの施設で、小学生から高齢者までの幅広い年齢の方々の健康を診させて頂けることをありがたく思っております。スポーツ業界の施術の最先端を行っている技術や機器を取り入れて、 より多くの方の健康を担えるように頑張ります。

 

院長先生の治療へのモットー

私がこの業界に入ってから、学ばせていただいた「真療」の精神があります。親兄弟や家族の面倒をみるようにお客様に接し,治療を行うという心の持ち方です。当たり前のことですが、この当たり前のことを忘れず、一人ひとり真心こめて治療をさせていただきます。

 

また、故橋本敬三医師が提唱した“操体理論:気持ちのいいことは身体にいい”という健康法/医療哲学をしみずばし鍼灸整骨院は重要視しています。

この「真療」の精神をもとに,“お客様の痛みや不快の原因に対して、根本から治し、元気に快適に毎日を過ごして欲しい”と思って治療をしています。

 

では、しみずばし鍼灸整骨院は施術をするときに、どのように考えているのか?

 

分かりやすいように、人の身体を建物に例えて説明します。 建物は基本となる土台と柱がしっかりしていないと、傾いたり、きしんだり、ドアの開閉もしづらくなります。また、雨風が吹き込んできたりします。地震などの外力を受ければ、崩れる可能性もあります。 私たち人間の身体も上記と同じことが言えます。

 

土台となっている骨盤、柱となっている背骨が歪めば、筋肉のバランスが崩れて、不必要に緊張します。すると、神経の働きやホルモンの分泌、血液の流れといった、身体を正常に働かせるための作用が低下します。 そのため、身体のゆがみを改善することは、健康な体にすることには他なりません。

 

お客様の症状はひとりひとり違うので、状態に応じて的確に、患部だけでなく、影響が出ている部分や根本を改善させる、鍼灸治療、整体やカイロプラクティックを組み合わせたオリジナル治療法です。 治療を受けるごとに、健康になり、痛みやコリ、不調を気にせず毎日元気に過ごせ、スポーツも無理なくできるようになります。

 

しみずばし鍼灸整骨院は治療の押し売り、予約の強要はいたしません。 それは、私自身がそのようなことをされたら、安心して治療を受けられないうえ、心が窮屈になるので、スタッフにもそのように教育しています。

 

スタッフ教育として、お客様の痛みに対する訴えに対し、どういう状態が手術適応なのか、手術するとどうなるのか、手術後のリハビリはどう行うのか、などを直接目で見て、勉強してもらいたいと考えているため、提携病院に研修をしに行きます。

 

現在一緒にいるスタッフは、救急病院にて、手首の骨折、股関節の人工関節置換術、膝関節の人工関節置換術、頚部ヘルニアや脊柱管狭窄症、肘部管症候群、腱鞘炎などの手術を研修してきました。

 

外傷だけでなく、オペ後のリハビリや交通事故の施術にも力を入れています。

みなさんの悩みに対して、「しみずばし鍼灸整骨院に行けば安心だ!」と言ってもらえるよう、“最後の砦”として日々勉強しています。

 

諦めずに、一緒に改善していきましょう!

スタッフ一同ご来院をお待ちしています!

 

 

当院の施術スタッフ紹介

 

杉山 大介 (柔道整復師)

私は鎌倉で育ちました。

海で泳ぎ、山で木登り、お寺では鬼ごっこ、遊ぶ場所には困りませんでした。そんな環境で育ったので、身体を動かすことが大好きな幼少時代でした。

 

小学校一年生の頃、親の薦めで地元のサッカーチームに入りました。そこからサッカーの楽しさを知り、中学、高校、社会人になるまでずっとボールを追いかけてきました。

 

高校卒業した頃に、運動指導者を目指していたこともあり、自分の通っていたサッカーチームのコーチも始めました。本格的に指導者を目指そうと決めた頃に、指導者ライセンスも取得しました。

 ある時、「コーチ、足が痛い」と言われ、症状など分らなかった私は「病院に行って診てもらった方がいいんじゃない?」と言うことしかできませんでした。

 

この時、私は思いました。“子供達の身体のケアまでできないだろうか?”と。

 

今まで自分がやってきたサッカーを教えてあげるのは簡単なことだけど、それだけではなく、運動による捻挫や打撲、スポーツをしている小学生時期にみられる特有の成長痛など、身体のことまでサポートしてあげたいと考えるようになりました。それがきっかけで、この仕事に就くことに決めました。

 

 私自身ずっとスポーツをしてきたので、重度の捻挫、肉離れや骨折などの経験もしました。その度に病院や治療院に通いました。

 

私が通った数ある治療院の中には怪我の治療だけでなく、“心のケア”をしてくれる治療院もありました。怪我をすると、“他の選手に抜かれてしまうのではないか?”“自分だけ取り残されてしまうのではないか?”という焦りや不安が出てきてしまうものです。

 

でも、その度に「大丈夫です。一緒に頑張って治していきましょう!」と言っていただけるだけで、焦っていた気持ちが楽になったのを覚えています。

 

身体を診るだけでなく、心のケアも必要なのだと感じたので、今では、お客様に伝える立場になれたことを嬉しく思っています。

 

 このしみずばし鍼灸整骨院の治療の考え方のひとつに、小手先だけの治療ではなく、ひとりひとりに合わせたしっかりした治療を行うというのがあるのですが、私が魅かれたのはこの考え方です。

 

心のケアにおいても、時に厳しく、時に優しく、時に親身になるなど、ひとりひとりアドバイスを変えて、お客様の治療をさせていただいています。

 

 この職に就き、身体の不調に困っている方がたくさんいらっしゃることを知りました。一か所だけでなく、二か所、三か所と身体の不調を訴える方もいらっしゃいます。

 

すべてを解決できるような存在になりたいと思って努力はしていますが、なかなかそこは達成できないです。毎日が壁にぶつかっているので、ひとつひとつ乗り越えていく所存です。

 

壁を乗り越えることができたと実感させてもらえた時には、心から嬉しく、また、努力をしていこうとまた思わせていただいています。

 

当院は、スポーツをされる方々が多くお見えになるので、症状を改善だけではなく、安心してスポーツの現場に戻れるようなトレーニングなどもお伝えしていき、お客様の心にも寄り添えるよう努力していきます。

 

古賀 圭輔(柔道整復師、鍼灸師)

東京生まれ横浜育ちの古賀です

私は、柔整・鍼灸師になる前は、ゲーム会社でプログラマーやディレクターをやっていました。

当時の私は、ずっと椅子に座って、PCと向かい合い、デスクワークをしていました。

なのでどうしても首肩に負担がかかってしまい、その負担から頭痛を伴うほどの肩こりに悩まされていました。

そこに「肩こりは鍼がいいよ」と母から聞き
近くの鍼灸院に行き、初めて鍼を経験してみて、その効果に感動しました!

 

モノを作るということは、とても大変なことで
その大変さに押しつぶされ、夢であったゲームを作るという仕事を辞めてしまいました。

仕事を辞めた後に、このままふらついていても何もならない、
仕事をしなければいけないと思い、何にするか迷っていた時に、ふと鍼のことを思い出し、

「自分も、同じようなつらい人の力になりたい、少しでも支えになりたい」と思うようになり、
早速、専門学校に願書をおくり、入学試験を受けました。

久しぶりの受験勉強を必死でしたのですが、1次試験には落ちてしまったんです。

それでも何とか鍼灸師になりたい!!

その想いを断ち切ることが出来なかったので、2次、3次と入学試験を受けて
3次試験でなんとか受かり、学生生活がはじまりました。

(本当に安心しました!!)

医療知識0から、頭に知識をたたみこみ、無事に柔整と鍼灸の免許を取得しました。

 

免許取得後は、渋谷にある鍼灸整骨院で働いていましたが、どうしても地元で働きたいという思いが強く
このしみずばし鍼灸整骨院に入社いたしました。

 

人の体というものは、それぞれ状態は違います。

筋肉の硬さ、身体の歪み、痛みの感じ方どれをとっても同じものはありません。
鍼が合う人、鍼より素手での手技が合う人、色々な方がいらっしゃいます。

私自身がすべての人の症状を良くすることはできません。

しかし、私なりにあなたの悩みが解決できるよう、

その悩みにあった最善のアプローチを心掛けております。

それでも、自分のアプローチのしかたが合わない事もあると思います。
ですが、あなたの身体の状態をくみ取り、最善の方法を提供できるように頑張ります。

 

この仕事についた理由「つらい人の支えになりたい」
この事を忘れずに、今後も立ち止まらず進んでいこうと思います。

トレーナー活動種目

サッカー

国体神奈川県成年サッカー

横浜ミラオーネFC(小学生サッカースクール)

KJSS(桂台ジュニアサッカースクール)

横浜市立本郷中学校サッカー部

六浦FC(神奈川県1部リーグ所属)

横浜栄FC(神奈川県ジュニアユース所属)

原FC(横浜市瀬谷区所属)

FC本郷(横浜市栄区所属、OB)

 

競泳

湘南工科大学附属高校水泳部 横浜市立南高校水泳部 神奈川県立神奈川総合高校水泳部 神奈川県立川和高校水泳部 キッツウエルネス藤沢 林水泳教室

 

野球

横浜市立小山台中学校野球部 Boston Red Sox(アメリカMLB) ヤングオセアンBC横浜栄(全日本少年公式野球連盟ヤングリーグ所属)

 

ゴルフ

桑田 泉ティーチングプロ(ゴルフアカデミーイーグル18)

 

バレーボール

栄区家庭婦人バレーボール大会

本郷台

ペガサス

 

バドミントン

法政大学第二高校バドミントン部

など

専門治療・デイサービス

スポーツ専門治療はこちら
かないわデイサービス上永谷・芹が谷

私たちにお任せください!

集合写真

ご予約はこちら