スタッフ紹介

杉山 大介 (柔道整復師)

私は鎌倉で育ちました。

海で泳ぎ、山で木登り、お寺では鬼ごっこ、遊ぶ場所には困りませんでした。そんな環境で育ったので、身体を動かすことが大好きな幼少時代でした。

 

小学校一年生の頃、親の薦めで地元のサッカーチームに入りました。そこからサッカーの楽しさを知り、中学、高校、社会人になるまでずっとボールを追いかけてきました。

 

高校卒業した頃に、運動指導者を目指していたこともあり、自分の通っていたサッカーチームのコーチも始めました。本格的に指導者を目指そうと決めた頃に、指導者ライセンスも取得しました。

 ある時、「コーチ、足が痛い」と言われ、症状など分らなかった私は「病院に行って診てもらった方がいいんじゃない?」と言うことしかできませんでした。

 

この時、私は思いました。“子供達の身体のケアまでできないだろうか?”と。

 

今まで自分がやってきたサッカーを教えてあげるのは簡単なことだけど、それだけではなく、運動による捻挫や打撲、スポーツをしている小学生時期にみられる特有の成長痛など、身体のことまでサポートしてあげたいと考えるようになりました。それがきっかけで、この仕事に就くことに決めました。

 

 私自身ずっとスポーツをしてきたので、重度の捻挫、肉離れや骨折などの経験もしました。その度に病院や治療院に通いました。

 

私が通った数ある治療院の中には怪我の治療だけでなく、“心のケア”をしてくれる治療院もありました。怪我をすると、“他の選手に抜かれてしまうのではないか?”“自分だけ取り残されてしまうのではないか?”という焦りや不安が出てきてしまうものです。

 

でも、その度に「大丈夫です。一緒に頑張って治していきましょう!」と言っていただけるだけで、焦っていた気持ちが楽になったのを覚えています。

 

身体を診るだけでなく、心のケアも必要なのだと感じたので、今では、患者様に伝える立場になれたことを嬉しく思っています。

 

 このしみずばし鍼灸整骨院の治療の考え方のひとつに、小手先だけの治療ではなく、ひとりひとりに合わせたしっかりした治療を行うというのがあるのですが、私が魅かれたのはこの考え方です。

 

心のケアにおいても、時に厳しく、時に優しく、時に親身になるなど、ひとりひとりアドバイスを変えて、患者様の治療をさせていただいています。

 

 この職に就き、身体の不調に困ってる方がたくさんいらっしゃることを知りました。一か所だけでなく、二か所、三か所と身体の不調を訴える方もいらっしゃいます。

 

すべてを解決できるような存在になりたいと思って努力はしていますが、なかなかそこは達成できないです。毎日が壁にぶつかっているので、ひとつひとつ乗り越えていく所存です。

 

壁を乗り越えることができたと実感させてもらえた時には、心から嬉しく、また、努力をしていこうとまた思わせていただいています。

 

当院は、スポーツをされる方々が多くお見えになるので、症状を改善だけではなく、安心してスポーツの現場に戻れるようなトレーニングなどもお伝えしていき、患者様の心にも寄り添えるよう努力していきます。。

 

 

大井 研人 (鍼灸師)

 私は小学校1年生から現在に至るまで、ずっとサッカーを続けています。

 

高校生の頃には高いレベルでサッカーがやりたいと思い、また大学でも本気でサッカーをやろうと考えていました。

 

しかし、高校2年生の時、グロインペイン症候群という体の柔軟性の低下や体の使い方が下手なことで起こるケガと、それに続けて肉離れをしてしまい、長い間サッカーができずにいました。そこで大学でサッカーをやることをあきらめたのです。

 

この時私は、他の人に自分と同じような想いをさせたくないと思いました。

それが治療家を目指すきっかけとなりました。

 

なので、ケガをしている時の気持ち、早く復帰したいという焦る気持ちはとてもよく分かります。今では、この時の思いが財産となっています。

 

治療家として勉強を始め、体の色々なことを勉強し、治療方法も学びました。

しかし、大きな壁にぶつかったのです。

 

スポーツに復帰するのに痛みがとれただけでは、ケガ前と同じようにプレーできないことを目の当たりにしました。持久力や筋力、柔軟性を戻したり、それぞれのスポーツの感覚も戻していかなくてはなりません。

 

そこでトレーニングの勉強を始め、早期競技復帰すること、ケガ前よりも高いパフォーマンスを目指してリハビリテーションやアスレティックリハビリテーションをすることを学びました。

 

 例えば、サッカー選手の場合、ケガ中に筋量を増やし体重が重くなることで相手とぶつかっても動じないプレーができるようになるかもしれません。それが武器になり、他の選手と差をつけるチャンスにもなるのです。

 

自分自身今でもサッカーを続けているのでトレーニングをしていて、色々なトレーニングを自分に試しています。

 

自分がケガをしている時の経験や日々勉強していることを、また、快適な日常生活を送る為のリハビリテーションやより高いレベルで競技に復帰するためのアスレティックリハビリテーションを皆様に提供できるようにしていきたいと思います。

 

治療の面では鍼灸治療を主におこなっていきます。

 

鍼灸は、肩こり・慢性腰痛だけではなく、肉離れや捻挫など急性のケガまで適応しています。その他、自律神経系への治療もでき、便秘や頭痛、うつ病など多くの疾患に適応しています。体の内面からも良くなりますので、何か不調を感じたらご相談ください。

 

また、トレーナーとして従事していたので、様々なパートナーストレッチなども多くのスポーツ選手に提供してきましたので、その得意な経験も使いながら、患者様ひとりひとりのニーズに合わせた治療を提案させて頂きます。

 

古谷田 慧 (鍼灸師)

私がこの仕事を志す一番のキッカケになったのは、学生時代の怪我の経験でした。

 

始めは軽い足首の捻挫だったのですが、湿布をしておけば治る、少し安静にしていれば痛くなくなる、痛くても歩ければ問題ないと病院や整骨院にはかかりませんでした。

 

正しいケアや適切なリハビリをしなかった為に捻挫が癖になってしまい、何度も同じようなケガを繰り返した結果、部活を続けられなくなってしまいました。

 

あれから何年も経った今でも、日常的なケアを怠ると慢性的な痛みが出る事があります。

 

また、20年以上前に私の母が交通事故でむちうち症になってしまったのですが、その時も仕事が忙しかった事と職場近くに整骨院や病院がなかった事から保険の手続きで必要な程度の通院でしっかり治療をしませんでした。

 

その影響か現在も慢性的な肩こりで、少し運動不足になるだけで体調が悪くなります。

あの時にちゃんとした治療をしていれば・・・、正しい知識をもった人が身近にいたならば・・・、辛い痛みに悩まされたりはしなかったのに・・・、という苦い経験から同じ経験を学生さん達にさせたくない!辛い症状に悩まされている方々への手助けがしたい!という想いから、この仕事をしたいと思うようになりました。

 

話は変わりますが、私はお体の治療だけでなくフェイシャルエステやボディーの美容メニューもあり、そちらの担当もさせていただいています。

 

と言いますのも、私はデパートの化粧品売り場には丸一日いても飽きないくらい化粧品が大好きで、新商品が出れば試さずにはいられない位の化粧品マニアです。

 

体の治療方法やお薬と同じようにお化粧品も日進月歩、たくさんの技術や商品が開発されていますが、自分にあったものを見つけるのは何かキッカケがないと難しいという方もいらっしゃるかもしれません。

 

お体の健康だけでなくお肌の健康も一緒にサポートしていきたい、そんな想いでエステのお仕事もさせていただいています。少しでも興味をもっていただけたら、お声をかけて下さい。知っている事ならなんでもお話しさせていただきますね。

 

急性のケガも慢性の症状も、私たち治療家の努力だけでは決して充分な結果を得る事は出来ません。

 

定期的な通院や日常のケアなどご本人の努力が一番大切な事ですが、私も最大限サポートさせて頂きますので、もしご不明点がございましたらご遠慮なくお声かけ下さい。

 

勝見 めぐみ (インディバエステ・セラピスト)

 私は、昔から美容に興味があり、日頃からエステを受けたり、美容に関する知識を深めることが好きでした。

 

エステを受ける側でおりましたが、次第に、興味のあるこの美容の分野で、今後は喜びを与える側として携わりたいと考えるようになっておりました。

 

今では、多くの方に喜んでいただけ、とても充実感があり、やりがいがあるので、楽しく施術をさせていただいています。

 

今まで経験してきた喜びや感動を、今後もより多くの方々に与えらえるように、技術習得に対し、努力を惜しまず取り組みたいと考えております。

ページトップへ戻る